HOME > 当院のご案内 > 院長インタビュー

小児から高齢者まで幅広く
患者さんのニーズにお応えすることが出来ます

■布田歯科医院の特徴や雰囲気について教えてください。

当院はあきる野市の郊外型の医院ですが、青梅市や八王子市、埼玉県の入間市など、多方面から患者さんが車でいらしています。そのため35台分の駐車スペースを設けています。小児歯科・矯正歯科・審美歯科・デンタルエステ・インプラント・無痛吸着総義歯など小児から高齢者まで幅広く患者さんのニーズにお応えすることが出来ます。

■歯科医療を凄く楽しんでいるようですが、それはどこからきているのでしょうか?

私は小学4年生から将来は絶対に歯科医師になりたいと強い願望がありました。その頃から通院する歯科医院を多方面から見つめ、良い歯科医になる為にはどうすればいいかを学んでいました。延べ15軒の歯科医院に患者として通院した経験が歯科医療をする上での大きな財産になっています。歯科医になって30年になりますが、いまでも憧れの職業に就くことができ歯科医院を経営している事が夢のようです。 また、歯科大学の学生時代に世論調査や家庭教師のアルバイトをした経験が役立っています。IQを高めるだけでなくEQ(心の知能指数)を高めることが社会生活ではとても重要です。東京と言っても西多摩の片田舎出身なので、勉強の塾にも通ったことも無く幼少の頃から近所の仲間達と木の上に家を作ったり、山や畑の中でいつも自然に親しんで遊んでいました。懐かしい良い思い出です。子供の頃自然に親しんで遊ぶことが、ビジネス上の斬新なアイデアを生むのに重要だと最近言われるようになりました。レオナルド・ダヴィンチもアントニ・ガウディもガリレオ・ガリレイも、彼らは自然や宇宙などから多くを学び、既成概念から脱却し新たなものを創造してきました。我々歯科医は日常の診療現場から現象を見て気付くことが多くあります。私が診療で重要視していることは「自分の閃きと自然の摂理」に従うことです。このことは時として最先端といわれる理論や術式と異なることがありますが、人間の考えることは年月が経つと方向転換を余儀なくされることが多いものです、自然の摂理は永遠に変化しません。ブレのない発想が好きです。このような考え方を持ち、日々の診療をしていると気付きがあり、仮説が生まれその仮説が正しいと証明することが大きな楽しみになっています。

■治療に関してのこだわりはありますか? いままでどのような治療法を考えましたか?

「痛くない」「腫れない」「血が出ない」「早い」

患者さんに負担のないよう「痛くない」「腫れない」「血が出ない」「早い」という点はこだわっています。この4点は患者さんが求めている事だと思いますので、その喜びをご提供したいと考え工夫をしています。新人ドクターの時、ある現象に気付きその応用により、乳歯の生活歯髄切断法を1分半でできるようになりました。その他骨整形・歯根嚢胞摘出なども痛み無く短時間でする方法を考案し良い結果が出ています。特に腹腔鏡手術にヒントを得たインプラント手術は、痛みも無く3分以内で終わり好評です。今までリピーターの方と紹介の方により埋入が3000本になりました。手術直後患者さんから「もう終わったのですか?何で血が出てないのですか?」と質問されます。『スピーディーで血を一滴も見せない手術』これが私の美学です。