HOME > 治療内容 > デンチャー

無痛吸着総義歯とは?

我が国は現在,未曾有の高齢化社会に突入しており,
それに伴い非常に様々な口腔環境を持つ高齢者に
我々歯科医師は日々遭遇しています。
従来の方法で義歯を作製して,機能回復しても,
長い年月の間に歯槽骨の吸収を引き起こし,顎堤を喪失しています。
このように下顎の顎堤の低くなった総義歯の製作は
維持・安定が得られず、非常に難しいのです。
スーパーデンチャーの筧甚七先生と
O・F・B・Fデンチャーの荻島浩先生に師事し
骨面印象・軟性床用材・吸盤の原理などを応用し、
痛みがなく、吸着安定し、よく噛める総義歯をめざした
無痛吸着総義歯研究所を設立し
ソフト・フィット・デンチャーの開発に携わりました。

gihi_09.jpggihi_10.jpggihi_08.jpg
gihi_06.jpggihi_05.jpggihi_07.jpg

内面はシリコーンラバーに変えました。

ソフト・フィット・デンチャー(スーパー・デンチャー)の特徴

1.
痛みが無い
2.
吸着・安定する
3.
咬合力が強くなる
4.
治療期間の短縮
5.
最終模型が残る
6.
15年以上経過しても骨の吸収が無い
7.
2つ目の義歯製作が簡単(1~2回の通院)
8.
総義歯難症例でも可能

当院の無痛吸着総義歯研究所における1988年より経験した数多くの症例から、
以下の事柄が臨床的に得られました。

1.
軟性床用材を使用しても骨の吸収はない。
(軟性床用材を使用すると、骨の吸収が起こると言われたのは、安定感がないのが原因)
2.
軟性床用材のどの部分を厚く、またどの部分を薄くするのか、どの部分をどこまで伸ばすのかが無痛、吸着のポイントとなる。
3.
軟性床用材を使った吸着安定した義歯を1年使用すると皮質骨が厚くなる。
(1年後は軟性床用材を使わなくても痛みが出ない)
4.
吸着安定する義歯ならば、15年使用しても顎堤の変形はない。
5.
最終模型が残るので、2つ目の義歯を制作する場合、印象を採る必要がない。
(痛みもなく安定した義歯が2回の通院で装着できる)
6.
高齢社会の在宅訪問歯科診療に便利。

※O・F・B・Fデンチャー(オギシマ・フライング・バード・フォルム・デンチャー)