HOME > 治療内容 > デンチャー > インプラントとの合体

インプラントと
スーパーデンチャーの合体

下顎総義歯難症例のもう一つの解決方法として、インプラント体を支台としたオーバーデンチャーが考えられます。
無歯顎の患者さんに、インプラントを二本ないし三本埋入し、それを維持装置として使い、床内面に軟性床用材を使用したオーバーデンチャーで良好な結果が得られています。

この利点としては、

  1. インプラントの埋入本数が少なくて済む。
  2. インプラントへの咬合圧負担が軽減される。
  3. 総義歯の治療期間の短縮。
  4. 総義歯の床を小さくでき、違和感が少ない。

gihi_01.jpggihi_02.jpg
gihi_03.jpggihi_04.jpg