HOME > 治療内容 > インプラント > レントゲン診断

レントゲン検査

インプラント手術に入る前は、必ずレントゲン検査を、また必要に応じてCT検査をします。パノラマX線写真は、口の中全体を一枚の写真として撮影します。外見からは、骨の状態はなかなかわからず、歯肉が盛り上がっていても、骨は薄いということがあります。骨の質と量は、インプラント治療において重要な要素なので、歯と歯肉の状態だけでなく、骨の状態を把握するためです。

まずパノラマレントゲン撮影を行い骨の量、厚みなどをもとに、インプラント埋入にむけての治療計画を作ります。
この段階で患者様とは、ご納得いただけるまで話合い、インフォームドコンセントの徹底をはかります。