HOME > 治療内容 > インプラント > シンプラントの導入

シンプラントの導入

シンプラントとは、インプラント術前のシミュレーションソフトになります。パノラマ撮影で大丈夫と判断しましたが、切開したら骨の形態や骨質が予想とは少し違っていた場合、埋入位置や術式の変更をしなければなりません。これをふせぐのがシンプラントです。

イメージ写真 シンプラントはCTスキャン撮影のデータを再構築し、3方向画像や3D画像にて、多角的に各種測定やインプラント埋入シミュレーションができるソフトになります。
顎骨の形態と骨質を3次元で解析します。咬合や歯列、歯槽骨の断面画像を見ながら、精密で確実な情報を歯科医師が把握できます。3D画像では、あらゆる角度から骨や神経、インプラントの状況を立体的に把握できます。

実際の手術を再現でき、審美面と機能面の両方向からの回復を入念にシミュレーションします。
これらの機能で、綿密な治療計画が立案でき、患者さんにとっては、安心・納得した上で、インプラントに臨めます。布田歯科医院では、インプラント手術に、このシンプラントでの治療計画立案を取り入れています。